m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>柔整療養費の見直し「大きな第一歩」

柔整療養費の見直し「大きな第一歩」

日医が評価、社保審・医療保険部会での議論に期待

2012年10月30日 池田宏之(m3.com編集部)


日本医師会の藤川謙二常任理事は、10月29日の臨時代議員会で、社会保障審議会医療保険部会に、柔道整復療養費とあん摩マッサージ指圧、はり・きゅう(以下マッサージ)療養費を検討する専門委員会が設置されたことについて、「問題解決の大きな第一歩」と評価した(『柔道整復の療養費、マイナス改定を』、『はり・きゅうなどの療養費削減を検討』を参照)。長崎県代議員の佐藤光治氏の質問に答えた。今年5月の医療保険部会では、柔道整復療養費の基本的な考え方として、多部位施術への減額措置強化や、長期施術、頻回施術の請求を厳...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事