m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>日医、“事故調”案の再考迫られる

日医、“事故調”案の再考迫られる

「拙速」との批判続出、プロジェクトチーム設置へ

2012年10月30日 橋本佳子(m3.com編集長)


10月28日の第127回日本医師会臨時代議員会で、常任理事の高杉敬久氏は、“医療事故調”に関するプロジェクトチームを設置することを表明した。日医はこの9月に「診療に関連した予期しない死亡の調査機関設立の骨子」(日医案)をまとめ、各都道府県と各郡市区医師会を対象にアンケートを実施したが、「数々の批判を受けた」(高杉常任理事)ことから、再検討を迫られたことになる。28日の代議員会でも、宮城県医師会代議員の橋本省氏が、「ここ数年、日医でこの件に関して主たる当事者と言える勤務医が入った委員会がもたれた、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事