m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>「スイッチOTC、医師の意見必須に」

「スイッチOTC、医師の意見必須に」

日医鈴木常任理事、「エパデール了承は無効」

2012年10月31日 池田宏之(m3.com編集部)


日本医師会の鈴木邦彦常任理事は、10月21日の臨時代議員会で、10月17日の厚生労働省薬事・食品衛生審議会の一般薬品部会で、高脂血症薬「エパデール」のスイッチOTC化が了承されたことについて、「今回の了承は無効。慎重な審議が必要と考える」と、長野県代議員の菅沼哲夫氏の一般質問に対して答えた。鈴木常任理事は、「エパデール」のスイッチOTC化案は約2年前から議論され、反対してきたとし、「突如再上程され、反対したが(通常は全会一致で決定するが)異例の多数決で強引に了承された」と説明。日本動脈硬化学会の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事