m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>「仙谷副代表と理解深める」と横倉日医会長

「仙谷副代表と理解深める」と横倉日医会長

“医療事故調”の関係団体の意見集約に意欲

2012年11月4日 池田宏之(m3.com編集部)


日本医師会の横倉義武会長は10月31日の記者会見で、TPP(環太平洋経済連携協定)参加の是非を巡る日医の態度に、疑問を投げかける発言をした民主党仙谷由人副代表について「11月中に会うので、国民皆保険を求める立場から繰り返し説明をしていきたい。お互い理解を深めたい」と話した。日医は10月28日に、「TPP参加に反対運動を強化する」方針を改めて表明していた(『「TPPは着々と進んでいる」、中川日医副会長』を参照)。横倉会長はこの日、「診療行為に関連した予期しない死」についても言及した。日医は、昨年ま...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事