m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療推...>医行為分類、5つに整理を再確認◆Vol.42

医行為分類、5つに整理を再確認◆Vol.42

仕切り直し前回会議から多少の前進

2012年11月9日 島田 昇(m3.com編集部)


厚生労働省は11月6日、「チーム医療推進のための看護業務検討ワーキンググループ」(座長:有賀徹・昭和大学病院長)の第28回会議を開き、看護師の業務内容拡大を視野にまとめた「医行為分類(案)」について議論。具体的な分類や分類方法にまでは踏み込まなかったものの、同案に基づいて議論を進める方向性を確認し、難易度別に具体的な医行為を分類することに難色を示す委員が相次いだ前回会議から議論は多少前進した(詳細は、『医行為分類に学会等から120件の意見』を参照)。「医行為分類(案)」は、「A:絶対的医行為」(...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事