m3.com トップ>医療維新>レポート|認証看護師の...>認証看護師が動脈血採取から予診まで手掛ける-大分・慢性期編◆Vol.1

認証看護師が動脈血採取から予診まで手掛ける-大分・慢性期編◆Vol.1

「地域の医師と連携し、看取りを充実させたい」

2012年11月14日 池田宏之(m3.com編集部)


大分県別府市にある県厚生連鶴見病院。230床を有し、高機能ながん治療や、ICU活用した地域医療への貢献を目指す。「熱はないですか?」「いつから症状は続いている?」。喉の痛みを訴える40代の男性患者に、質問を続け、聞いた内容を、電子カルテに入力していく。外来診察室で、患者の話を聞くのは、医師ではなく、青色の手術着を着た病院の認証看護師、光根美保氏だ。院内ではNP(NursePractitioner)と呼ばれている。大分県の県厚生連鶴見病院で認証看護師として働く光根美保氏。院内では「NP」と呼ばれて...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事