m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>「准看護師の養成停止の動きは遺憾」と日医

「准看護師の養成停止の動きは遺憾」と日医

日医調査、准看護師課程の倍率3倍

2012年11月15日 池田宏之(m3.com編集部)


日本医師会の藤川謙二常任理事は11月14日の定例記者会見で、今年度の医師会立の看護師、准看護師、助産師学校養成所の調査結果を発表した。藤川常任理事は、准看護師の養成課程の応募倍率が3倍になっていることから、「一部地域の准看護師の養成停止に向けた動きは遺憾」と話した。藤川謙二常任理事は、厚労省による看護職員養成課程への補助金増額などの必要性に言及。学校養成所の数は、准看護師課程が200校(2012年度募集停止が4校)、看護師3年課程が63校。准看護師課程では定員9516人に対し、応募が2万7392...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事