m3.com トップ>医療維新>レポート|認証看護師の...>認証看護師は「研修医と同じ」扱い-大分・慢性期編◆Vol.2

認証看護師は「研修医と同じ」扱い-大分・慢性期編◆Vol.2

「包括的指示」は出さず、責任は担当医が持つ

2012年11月20日 池田宏之(m3.com編集部)


厚生労働省では現在、「看護師特定能力認証制度」の制度設計の議論を進めているが、認証看護師の法制化には至っていない。大分県別府市の鶴見病院や関連施設で働く光根美保氏のケースは、厚労省の業務試行事業として進んでおり、制度創設の見通しが立たないままスタートを切った。鶴見病院の藤富豊院長は、2011年4月、認証看護師として赴任する光根氏の扱いについて悩んだ結果、たどり着いたのが「研修医と同じ扱いにする」という結論だった。光根氏は4月以降、循環器内科、消化器内科、泌尿器科、総合内科のほか、介護老人保健施設...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事