m3.com トップ>医療維新>インタビュー|認証看護師の...>「認証看護師に必要なのは臨床力」-大分・慢性期編◆Vol.3

「認証看護師に必要なのは臨床力」-大分・慢性期編◆Vol.3

藤富豊・鶴見病院院長インタビュー「トップダウンでの導入ダメ」

2012年11月27日 聞き手・まとめ:池田宏之(m3.com編集部)


厚生労働省が現在、「看護師特定能力認証制度」の制度設計の議論を進める認証看護師。厚労省の看護師特定行為・業務試行事業として、光根美保氏を受け入れた大分県別府市の鶴見病院の藤富豊院長に、現状や課題について聞いた(2012年11月5日にインタビュー)。藤富豊院長は「包括的指示で動く制度なら、開業医への影響は少ない」と話す。――受け入れの経緯について教えてください。光根氏が、大分県立看護科学大学大学院2年生として臨床実習を行う際、当時の大分県立看護科学大学の草間朋子学長から受け入れの打診を受けました。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事