m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>夜勤で「事故と癌のリスク上がる」

夜勤で「事故と癌のリスク上がる」

全国医師ユニオン、勤務医調査に併せてシンポ

2012年11月19日 池田宏之(m3.com編集部)


全国医師ユニオンや日本医療労働組合連合会などは11月18日、2108人の勤務医を対象に実施した調査の結果速報を公表したのに併せ、都内で「勤務医の労働環境改善への課題と展望」と題したシンポジウムを開催した(『勤務医の4割強、「ここ2年で負担増えた」』を参照)。講演した労働科学研究所慢性疲労研究センターの佐々木司氏は、「夜勤には事故や発癌のリスクがある」、千葉県君津市の病院で産業医やドクターヘリの救急医として働く吉田明子氏は、「今後、親の介護で職場を離れる女性医師が出てくる」とそれぞれ述べ、労働環境...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事