m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療推...>看護師が病態確認、他職種が診療補助も◆Vol.43

看護師が病態確認、他職種が診療補助も◆Vol.43

厚労省、包括的・具体的指示の流れの案を提示

2012年11月21日 島田 昇(m3.com編集部)


厚生労働省は11月20日、「チーム医療推進のための看護業務検討ワーキンググループ」(座長:有賀徹・昭和大学病院長)の第29回会議を開き、看護師の業務拡大に向けた医行為分類などについて議論。厚労省医政局看護課は、特定行為を行う看護師に医師が指示する「包括的指示」と「具体的指示」の具体的な流れについて案を示すとともに、包括的指示を受けた看護師が患者の病態確認をした上で、他の医療関係職種が診療の補助を行う他職種連携などを提案した。前回の会議から議論になっていたのは、看護師が診療の補助を行う上での医師の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事