m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>スイッチOTC化で「症状悪化の可能性」

スイッチOTC化で「症状悪化の可能性」

日医、一般用生活習慣病薬の見解示す

2012年11月22日 池田宏之(m3.com編集部)


日本医師会は11月21日の会見で、生活習慣病におけるスイッチOTC薬化の在り方について、「生活習慣病薬のOTC化の結果として、症状が発現、悪化する可能性がある」との見解を文書で発表した。今後、厚生労働省に、生活習慣病分野でのスイッチOTC薬化について、議論の場を設けることを提案していく。日医は11月下旬の厚労省薬事・食品衛生審議会の一般薬品部会や、12月の薬事分化会で、意見を述べ、了承に歯止めをかけたい考え。「納得できれば賛成、了承する可能性もある」とOTC化へ含みを残した日医の中川俊男副会長。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事