m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>救急車受け入れ台数、前年比7.3%増

救急車受け入れ台数、前年比7.3%増

日病が726病院の2010年度の実態調査

2012年11月26日 池田宏之(m3.com編集部)


日本病院会は11月27日、最新の「救急医療に関するアンケート調査」の結果を公表した。2010年度の実績を2011年度に調査したもの。前年度の調査結果と比較して、救急車の受け入れ台数が7.3%増加、不応需率も2.8%の増加となり、救急の現場が依然として厳しい状況にあることが伺われる。ただ、回答した726の医療機関のうち、DPC/PDPS病院が67.1%、救急救命センターが15.9%を占め、全国の分布と比較して多い傾向にあり、日病は調査対象について「救急医療基幹病院に偏りがある」としている。年間の救...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事