m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>財務相に要望、医療7団体が消費税問題で

財務相に要望、医療7団体が消費税問題で

「政府税調などで課税の在り方を議論すべき」

2012年11月27日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会をはじめ、医療関係7団体は11月27日、医療に係る消費税課税の在り方について、政府税制調査会など、税制に関する協議機関での検討を求める要望書を城島光力財務相に提出した。7団体とは、日医のほか、日本歯科医師会、日本薬剤師会、日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、日本精神科病院協会。同様の要望書は、11月13日に厚労相にも提出している(『日医など7団体、三井厚労相に要望書』を参照)。日本医師会会長の横倉義武氏は記者会見で、11月27日に公表された社会保障制度改革国民会議の委員につい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事