m3.com トップ>医療維新>レポート>保険指定の取消後も診療を継続

保険指定の取消後も診療を継続

東京医大茨城センター、療養費払いで対応

2012年11月30日 池田宏之(m3.com編集部)


12月1日から保険医療機関の指定が取り消される東京医科大学茨城医療センター(茨城県阿見町)。461床を有する地域の中核病院であり、大学病院の指定取消は異例であるためその動向が注目されたが、周辺地域で同センターしか提供できない医療や、救急・緊急の医療などに限定して診療を継続する。12月以降も維持し、診療科目も27で変わらない予定。茨城医療センター総務課は「当センターを残すのは大学の決定」として、今後の撤退も否定している。茨城県内の国保などの患者については「療養費払い」の制度を適用することが決まって...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

福島医大、手術事故を機に医療安全アクションプラン策定 2019/12/5

「あはき、柔整は今後も伝承していくべき」日医・釜萢氏 2019/12/3

医療データ活用で新学部、2022年設置を計画、東京医科歯科大 2019/12/3

「横倉日医会長×小泉環境相」、人生100年時代語る 2019/12/1

「定年後の医師が活躍できる医療環境を」、やまがた宣言 2019/11/30

NICUは集約化・重点化、「量」から「質」の時代へ 2019/11/28

横倉会長「医師会代表として心からご冥福を祈る」 2019/11/28

横倉会長「本体マイナスは300万人の賃下げ要望に等しい」 2019/11/28

「精神科主治医として性的搾取」、遺族が医師免許剥奪求める 2019/11/26

「地域フォーミュラリ」で薬剤費削減に成功-日本海ヘルスケアネット◆Vol.2 2019/11/26

東京五輪・パラリンピックへ向け、メディカル研修始まる 2019/11/25

「迫る2022年危機!今こそ改革断行を!」、4つのスローガン決議 2019/11/22

「厚労省はスピード感がない」電カル標準化で日医・羽鳥氏が苦言 2019/11/21

厚労省PHR、民間事業者参入で議論「モラルか、ルールか」 2019/11/20

10法人で「地域医療の最適化」実現目指す-日本海ヘルスケアネット◆Vol.1 2019/11/20

デーモン閣下「医療現場の実情、もっと知らなくては」 2019/11/18

「AIホスピタル」慶應大・阪大など4病院で実装 2019/11/12

救急救命士の活動範囲、病院内にも拡大を検討、厚労省 2019/11/8

「遺体の本人確認は盲点、最後までリストバンド外さず」 2019/11/7

都道府県基金に国費855億円、効果検証求める声相次ぐ 2019/11/6