m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>国民会議不参加、「開業医団体」が理由

国民会議不参加、「開業医団体」が理由

日医・今村副会長、組織率向上シンポで明かす

2012年12月3日 池田宏之(m3.com編集部)


日本医師会は11月30日、勤務医の組織率向上に向けた具体的方策を話し合うシンポジウムを都内で開いた。日医の今村聡副会長が、現状の問題点について報告した上で、同日初回が開かれた社会保障制度国民会議に、日医の代表が入らなかった理由について、「ある幹部が日医を『開業医の利益団体』という認識を持っていた」と明かし、勤務医の組織率向上の必要性を訴えた。「実質的強制加入のような形も考えられる」との認識を示した日医の今村聡副会長。現在、日本医師会の会員は16万5700人いるが、組織率は2000年から4.2%減...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事