m3.com トップ>医療維新>レポート|専門医の在り...>「専門医で偏在解消」に異論続出

「専門医で偏在解消」に異論続出

各地の医師養成への支援求める声も

2012年12月3日 池田宏之(m3.com編集部)


厚生労働省の「専門医の在り方に関する検討会」(座長:高久史麿・日本医学会会長)の第13回会議が11月29日開催され、医師の養成数や医療提供体制における位置付けなどについて議論した(資料は、厚労省のホームページに掲載)。専門医養成の目標に「地域医療の安定的確保」を掲げる労省案に異論が呈せられたほか、新しい専門医制度の設立に向けて、国に対して、地域医療再生基金が終了した後の支援や増加する若手医師育成のための施設への支援を要望する声が上がった。日本医師会常任理事の小森貴氏は、「専門医は医師の質を高める...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事