m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療推...>看護師の“病態確認あり”が特定行為◆Vol.45

看護師の“病態確認あり”が特定行為◆Vol.45

厚労省、研修必要な医行為を47項目へ

2012年12月7日 島田 昇(m3.com編集部)


厚生労働省は12月6日、「チーム医療推進のための看護業務検討ワーキンググループ」(座長:有賀徹・昭和大学病院長)の第30回会議を開き、看護師の業務拡大に向けた医行為分類などを議論(資料は、厚労省のホームページに掲載)。同省医政局医事課は、これまで94項目に整理した技術と判断の難易度が高い医行為である「特定行為」について、「看護師が病態の確認をして実施するもの」と再定義し、看護師以外の職種がかかわる項目と病態の確認行為がない項目を省き、47項目に絞り込む案を示した。医事課は、研修が必要な特定行為に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事