m3.com トップ>医療維新>レポート|認証看護師の...>症状別に看護師の診察プロトコル整備-東京・急性期編◆Vol.2

症状別に看護師の診察プロトコル整備-東京・急性期編◆Vol.2

法制化前、「安全運転」で医行為を実施

2012年12月11日 池田宏之(m3.com編集部)


東京都立川市にある国立病院機構災害医療センターが、国立病院機構として、認証看護師、吉田弘毅氏の受け入れを始めたのは、今年4月。現在のところ、大分県の鶴見病院と同様(『認証看護師は「研修医と同じ」扱い-大分・慢性期編◆Vol.2』を参照)、厚生労働省の業務試行事業として受け入れている。認証看護師としての育成方法も「研修医と同様」のローテーション制を取り、内科、外科、救急科を研修できるようになっている。同センターでは、症状ごとのプロトコル作りも進めており、認証看護師への期待もあるが、法律が未整備な状...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事