m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>DPCII群とIII群、平均係数に大差なし

DPCII群とIII群、平均係数に大差なし

日病調査、「各病院の戦略は集客」

2012年12月18日 池田宏之(m3.com編集部)


日本病院会は12月17日、2012年度の診療報酬改定の影響調査の結果報告を発表した。中間報告において、2011年と2012年の比較で、診療収益の伸びは0.54%となっていたのを、0.60%に修正した。またDPCについては、II群とIII群の病院の間には、平均係数に大きな差はなく、病院機能による医療機関群ごとの差も認められなかった。日本病院会の堺常雄会長は、診療報酬改定のプロセスの不透明さを指摘した。III群の実績要件を見ると、実績要件のうち1「診療密度」と、3a「手術1件当たりの外保連指数」を除...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事