m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療推...>特定行為の研修修了者、登録先は国か学会か◆Vol.46

特定行為の研修修了者、登録先は国か学会か◆Vol.46

業務拡大の看護師、認証の管理で意見割れる

2012年12月21日 島田 昇(m3.com編集部)


厚生労働省は12月20日、「チーム医療推進会議」(座長:永井良三・自治医科大学学長)の第16回会議を開き、看護師が医師の指示の下で患者の病態を確認し、一定の手順に基づいて行う「特定行為」について、その定義と具体的な行為の流れについて議論。医事課が示した案はおおむね了承された。看護師の能力を認証する仕組みの在り方についても議論したが、医事課が示した厚労省が一元管理する仕組みに「学会が管理すべき」と反対する意見もあり、継続して審議することとなった。特定行為については、作業班の「チーム医療推進のための...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事