m3.com トップ>医療維新>インタビュー|学会理事長イ...>病理診断の行動指針を作成―深山正久・日本病理学会理事長に聞く◆Vol.1

病理診断の行動指針を作成―深山正久・日本病理学会理事長に聞く◆Vol.1

技術料評価、病理医の格差是正目指す

2012年12月25日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


病理は、臨床を支える存在だが、2008年には標榜科として認められ、診療報酬上でも「病理」の項目が独立するなど、その重要性が改めて評価されている。日本病理学会の2013年のトピックスの一つが、「行動指針2013」の作成。診療報酬上での適切な評価を目指し、病理専門医の増員などにつなげるのが狙い。癌の領域などでの分子病理学の発展、診療関連死の病理解剖など、病理医のニーズは増加する一方、病理医不足と病理医の高齢化に直面している現状もある。日本病理学会理事長の深山正久氏(東京大学人体病理学・病理診断学分野...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

学会理事長インタビュー【年末年始スペシャル2012-2013】に関する記事(一覧

精神科が一番面白い理由─武田雅俊・日本精神神経学会理事長に聞く◆Vol.2 2013/2/18

2013年、精神疾患は5疾病に─武田雅俊・日本精神神経学会理事長に聞く◆Vol.1 2013/2/14

新制度にも耐え得る眼科専門医―石橋達朗・日本眼科学会理事長に聞く◆Vol.2 2013/2/14

眼科医は新研修制度で激減した―石橋達朗・日本眼科学会理事長に聞く◆Vol.1 2013/2/12

「若手のための外科学会」になる―國土典宏・日本外科学会理事長に聞く◆Vol.2 2013/2/7

「医師の適正配置」学会が提案―國土典宏・日本外科学会理事長に聞く◆Vol.1 2013/2/4

私は「最後の耳・鼻科医」―森山寛・日本耳鼻咽喉科学会副理事長に聞く◆Vol.3 2013/2/4

専門医認定を厳しく、新プログラムも―森山寛・日本耳鼻咽喉科学会副理事長に聞く◆Vol.2 2013/1/31

レパートリーの広さが耳鼻科の魅力―森山寛・日本耳鼻咽喉科学会副理事長に聞く◆Vol.1 2013/1/28

「専門医」で医師再配分なるか─島田眞路・日本皮膚科学会理事長に聞く◆Vol.2 2013/1/28

「皮膚診療指針、原則公開へ」─島田眞路・日本皮膚科学会理事長に聞く◆Vol.1 2013/1/24

麻酔科に向く人と向かない人─森田潔・日本麻酔科学会理事長に聞く◆Vol.2 2013/1/23

「医師不足」を言うのはやめよ─森田潔・日本麻酔学会理事長に聞く◆Vol.1 2013/1/17

手術と保存、両方やるのが整形外科医―岩本幸英・日本整形外科学会理事長に聞く◆Vol.2 2013/1/17

整形外科はロコモで日本を救う―岩本幸英・日本整形外科学会理事長に聞く◆Vol.1 2013/1/15

「水をも漏らさず」が内科の魅力─寺本民生・日本内科学会理事長に聞く◆Vol.2 2013/1/10

医療安全の向上を主導したい─寺本民生・日本内科学会理事長に聞く◆Vol.1 2013/1/7

検査結果の翻訳者、臨床検査専門医―村田満・日本臨床検査医学会理事長に聞く◆Vol.2 2013/1/3

死因調査に最適な方法は病理解剖-深山正久・日本病理学会理事長に聞く◆Vol.3 2012/12/28

「臨床検査の価値高めたい」―村田満・日本臨床検査医学会理事長に聞く◆Vol.1 2012/12/27