m3.com トップ>医療維新>レポート|専門医の在り...>「総合診療医」、名称がようやく決着

「総合診療医」、名称がようやく決着

専門医として位置付け、標榜科は先送り

2012年12月26日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「専門医の在り方に関する検討会」(座長:高久文麿・日本医学会会長)の第14回会議が12月26日開催され、19番目の基本領域の専門医として位置付ける総合的な診療能力を持つ医師を、「総合診療医」とし、その専門医を「総合診療専門医」と呼ぶ方針でほぼ意見が一致した(資料は、厚労省のホームページに掲載)。本検討会の2012年8月の中間まとめでは、「総合医」と「総合診療医」が併記されるなど、名称をめぐっては長年議論が続けられてきた。「総合診療医」は、日本専門医制評価・認定機構のワーキング・グルー...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事