m3.com トップ>医療維新>インタビュー|10人の「医...>「がんはタブーとフィクションで成立」-近藤誠氏に聞く◆Vol.1

「がんはタブーとフィクションで成立」-近藤誠氏に聞く◆Vol.1

患者の理性ある行動が医療を変える

2013年1月15日 聞き手・まとめ:島田 昇(m3.com編集部)


「早期発見早期治療」「抗がん剤治療」などのがん医療の現状を「タブーとフィクションで成り立っている」と一貫して批判し続ける慶応大学医学部放射線科講師の近藤誠氏。2012年にはこれまでの主張の集大成とも言える『がん放置療法のすすめ患者150の証言』を上梓し、12月に第60回菊池寛賞を受賞した。近藤氏は今後も精力的に執筆活動を行うことで、理性ある患者の行動を促し、「乳房温存療法」の普及と同様に、「がん放置療法」も広めていきたい考えだ。(2012年11月28日にインタビュー。計2回の連載)。『がん放置療...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

10人の「医師作家」が語る2013年の医療に関する記事(一覧

今や医療事故1件で1億円の時代-東京海上日動メディカルサービス・長野展久氏に聞く◆Vol.... 2013/2/5

医療事故の舞台裏は日常ばかり-東京海上日動メディカルサービス・長野展久氏に聞く◆Vol.1 2013/2/1

若い医師は「専門家志向」が強すぎる-吉岡秀人・ジャパンハート代表に聞く◆Vol.2 2013/2/1

日本人は今までの価値観では戦えない-吉岡秀人・ジャパンハート代表に聞く◆Vol.1 2013/1/29

分断より融合、威張るより謙虚に-岩田健太郎・神戸大学感染治療学分野教授に聞く◆Vol.2 2013/1/29

「指導にメリットない」なんて心が貧しい-岩田健太郎・神戸大学感染治療学分野教授に聞く◆Vo... 2013/1/25

社会保障にも効率化が必要-真野俊樹・多摩大学統合リスクマネジメント研究所教授に聞く◆Vol... 2013/1/25

最先端の医療モデル示せる可能性あり-真野俊樹・多摩大学統合リスクマネジメント研究所教授に聞... 2013/1/22

突破力を支える「自信加乗」に根拠は不要-山王病院・富坂美織氏に聞く◆Vol.2 2013/1/22

本来、医師は女性が働きやすい職業-山王病院・富坂美織氏に聞く◆Vol.1 2013/1/18

万年講師でも科学者でありたかった-近藤誠氏に聞く◆Vol.2 2013/1/18

「がんはタブーとフィクションで成立」-近藤誠氏に聞く◆Vol.1 2013/1/15

医療4.0を見据えて取り組む-杉本真樹・神戸大学消化器内科特命講師に聞く◆Vol.3 2013/1/15

iPhoneやiPadで情報を身近に-杉本真樹・神戸大学消化器内科特命講師に聞く◆Vol.... 2013/1/11

2013年医療環境、「厳しい」と予想-今村聡・日本医師会副会長に聞く◆Vol.3 2013/1/11

座敷牢の10年が「平穏死」へ導いた―石飛幸三氏に聞く◆Vol.2 2013/1/11

“医領解放”、ITで改革に挑む-杉本真樹・神戸大学消化器内科特命講師に聞く◆Vol.1 2013/1/9

消費税問題は勤務医にも深く関係-今村聡・日本医師会副会長に聞く◆Vol.2 2013/1/8

死期の受容が市民権得る―石飛幸三氏に聞く◆Vol.1 2013/1/8

『医療防衛』は消費税問題が発端-今村聡・日本医師会副会長に聞く◆Vol.1 2013/1/4