m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>スイッチOTC、生活習慣病は「凍結」

スイッチOTC、生活習慣病は「凍結」

中川日医副会長「服用は医療機関の受診が必須」

2013年1月10日 島田 昇(m3.com編集部)


日本医師会は1月9日の定例会見で、4月に発売される持田製薬の高脂血症治療薬「エパデール」のスイッチOTC薬について、服用前のセルフチェックシートが「服用は医療機関を受診した人に限る」などと修正されたことを明らかにした。日医副会長の中川俊男氏は、今後の生活習慣病治療薬のスイッチOTC化について、「実質的には凍結状態だ」と述べた。生活習慣病治療薬のスイッチOTC化について、「実質的には凍結状態だ」と述べる日医副会長の中川俊男氏。昨年12月19日、薬事・食品衛生審議会薬事分科会でOTC化が決まった「エ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事