m3.com トップ>医療維新>オピニオン|新人の医師衆...>「至誠、天に通ずる」、今枝宗一郎氏(自民党)

「至誠、天に通ずる」、今枝宗一郎氏(自民党)

第1回 選挙区の地域は医療崩壊寸前

2013年2月6日 m3.com編集部


m3.comでは2012年12月の衆院選で当選した、医師資格を持つ新人議員12人全員に、医療・政治への思いや政策をお聞きするアンケートを実施しました。回答いただいた新人議員の思いを、随時掲載していきます。自民党愛知14区選出今枝宗一郎氏の回答Q.1医学部を志した時期、経緯医療・社会保障制度を現場に即した良い制度に変えることができる政治家となるためには、現場で働くべきと考え、高校1年で志した。Q.2医師と仕事をした中で一番印象に残ったエピソード終末期の患者さんを急性期病床で診ていた時に、患者さんの...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事