m3.com トップ>医療維新>オピニオン|新人の医師衆...>「質実剛健」、三ツ林裕巳氏(自民党)

「質実剛健」、三ツ林裕巳氏(自民党)

第6回 医師の議員が少なすぎる

2013年2月18日 m3.com編集部


自民党埼玉14区選出三ツ林裕巳氏の回答Q.1医学部を志した時期、経緯地域医療に貢献している近くの先生が、とにかく一生懸命やっている姿に感動した。Q.2医師と仕事をした中で一番印象に残ったエピソード肺がんの末期患者。私が担当となった女性は、インフォームドコンセントができていなかったために、どんな治療をしようが良くならず、死期を悟っていた。医療に対する患者さんの思いを聞く現場の医療からの声が臨床を支えると、常に思うようになったこと。Q.3国会議員を志した時期、経緯幼少のころより、祖父や父の姿を見て、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事