m3.com トップ>医療維新>オピニオン|新人の医師衆...>「100年後の子どものために」、宮沢隆仁氏(日本維新の会)

「100年後の子どものために」、宮沢隆仁氏(日本維新の会)

第7回 医療現場では何も解決できない

2013年2月20日 m3.com編集部


日本維新の会比例北陸信越区選出宮沢隆仁氏の回答Q.1医学部を志した時期、経緯医学部を志したのは高校2年生のころ。父親が外科医として開業していたこともあり、ごく自然に医師を志したように思う。Q.2医師と仕事をした中で一番印象に残ったエピソード様々な年齢および職業の患者さんやご家族とともに病気と闘う中で、死生観、家族観、人の生き様などについて考えさせられ、医師は社会学、経済学、法学、政治学など、幅広い教養を持たなければならないと痛感した。Q.3国会議員を志した時期、経緯約30年間、脳神経外科医として...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事