m3.com トップ>医療維新>レポート|専門医の在り...>移行時期で対立、総合診療医の養成数は明記せず

移行時期で対立、総合診療医の養成数は明記せず

新専門医制度の開始に向け、次回3月に最終報告書

2013年2月7日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「専門医の在り方に関する検討会」(座長:高久史麿・日本医学会会長)の第16回会議が2月6日に開催され、最終の報告書の素案と、専門医の広告の在り方を議論した(資料は、厚労省のホームページを参照)。素案はおおむね了承されたが、現行の学会認定専門医の新制度への移行を、新制度開始の2017年度以前から可能とするか、新専門医研修が最初に修了する見込みの2020年度からにするかなど、幾つかの各論で意見が分かれた。総合診療医については、「将来的には、数万人が必要」という養成目標が入っていたが、「総...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事