m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療推...>看護業務拡大の法制化案、いまだ意見分裂◆Vol.49

看護業務拡大の法制化案、いまだ意見分裂◆Vol.49

「両論併記では国民に申し訳が立たない」

2013年2月26日 島田 昇(m3.com編集部)


厚生労働省は2月22日、「チーム医療推進会議」(座長:永井良三・自治医科大学学長)の第18回会合を開催した。厚労省医政局医事課は、看護師の業務範囲を拡大する制度の創設を求める報告書「特定行為に係る看護師の研修制度について(案)」を示した。大多数の委員が厚労省の方針を支持したが、日本医師会と日本看護系大学協議会が前回の会合に引き続き反対の姿勢を堅持(詳細は『看護師の業務拡大研修で意見分裂』を参照)。制度化に賛成する委員からは「いい加減にした方がいい。18回も開催して、結論も出せないのでは国民に対し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事