m3.com トップ>医療維新>レポート|専門医の在り...>新専門医制度、2017年度開始に向け報告書

新専門医制度、2017年度開始に向け報告書

認定は学会から第三者機関に移行、総合診療医も創設

2013年3月8日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「専門医の在り方に関する検討会」(座長:高久史麿・日本医学会会長)は3月7日の会議で、報告書案を了承した(資料は、厚労省のホームページに掲載)。7日の議論を踏まえ、一部表現等を修正して、報告書を作成、今月中に公表する。報告書の骨子は二つ。一つは、専門医の認定と養成プログラムの評価、認定を行う、「学会とは独立した中立的な第三者機関」を新たに設置する点。もう一つは、総合診療医を基本領域の専門医として位置付ける点だ。これらは前回会議までに、基本的には了承が得られていた(制度の骨子は、『(『...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事