m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療推...>看護師の業務拡大、研修制度を創設へ◆Vol.50

看護師の業務拡大、研修制度を創設へ◆Vol.50

厚労省、両論併記するも3年間の議論に決着

2013年4月1日 島田 昇(m3.com編集部)


厚生労働省の「チーム医療推進会議」(座長:永井良三・自治医科大学学長)は、3月29日の第19回会議で、看護師が行う難易度の高い診療の補助行為を「特定行為」として法に定めて、それを行うための研修制度の創設を盛り込んだ報告書をまとめた(資料は、厚労省のホームページに掲載)。報告書では、制度化に反対する日本医師会と日本看護系大学協議会の意見も併記しているが(『看護業務拡大の法制化案、いまだ意見分裂』を参照)、約3年間続いた看護師の業務拡大に向けた議論は、反対派の意見に配慮、「特定看護師」(仮称)という...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事