m3.com トップ>医療維新>レポート|産科医療補償...>産科補償の訴訟への影響、現状では評価できず

産科補償の訴訟への影響、現状では評価できず

脳性麻痺の損害賠償は7年間で296件、損保5社

2013年4月4日 橋本佳子(m3.com編集長)


4月2日の産科医療補償制度の第19回運営委員会で、2005年から2011年の7年間に脳性麻痺と推定される理由で、患者側から分娩機関に損害賠償請求されたのは計296件、そのうち訴訟提起されたのは118件であることが報告された。2005年以降に出生した児に限ると、損害賠償請求は223件、訴訟提起は77件。従来、産婦人科全体の損害賠償請求等のデータはあったが、脳性麻痺に限った件数が明らかになったのは今回が初めて。損害賠償請求と訴訟提起のいずれも減少傾向にある。しかし、紛争の防止と早期解決を目的とした産...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。