m3.com トップ>医療維新>インタビュー>国試も含めた医師養成の見直しを - 高久史麿・日本医学会会長に聞く◆Vol.4

国試も含めた医師養成の見直しを - 高久史麿・日本医学会会長に聞く◆Vol.4

専門医制度の総論は決まるも各論の課題多々

2013年5月1日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――卒前教育まで話を広げると、この辺りも見直す必要が出てくるのでしょうか。卒前の臨床実習の目的は、基本的な診療能力を身に付けることであり、医学部の5年と6年の2年間、あまり濃淡を付けずに全科を回り、臨床実習をすれば良い。そして初期研修で実践的なことを学び、将来目指す専門も一部取り入れていくのが良いと思っています。「今後、一番難しいのは、総合診療医の養成プログラムを作成すること」と語る高久史麿氏。しかし、以前から言われてきたことですが、国家試験対策のために臨床実習が疎かになり、医学部の最後の1年は...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

日本の医療、「統制経済」への転換が必要-日本海ヘルスケアネット◆Vol.4 2019/12/10

10法人で財務諸表共有、「地域の費用管理」実践-日本海ヘルスケアネット◆Vol.3 2019/12/5

産婦人科医の過労自殺、行政訴訟で労災認定◆Vol.5 2019/11/19

産婦人科医の過労自殺、行政訴訟で労災認定◆Vol.4 2019/11/11

スポーツ医学のこれから、リスクを最小化するアプローチ-守屋拓朗・千葉労災病院整形外科副部長... 2019/11/2

総合診療医、活躍の場は「病院と診療所」-帯広協会病院・総合診療科◆Vol.3 2019/10/28

ラグビー日本代表の前チームドクターはチーム内外で重責を担ったスポーツ医学のこれから、リスク... 2019/10/26

学長就任の最終年度、創立150周年を見据えて-竹中洋・京都府立医大学長に聞く 2019/10/25

卒後8年目の医師が総合診療科、立ち上げ-帯広協会病院・総合診療科◆Vol.2 2019/10/22

診療に当たっては医師も「在宅医療PA」の指示で動く-安井佑・やまと診療所院長に聞く◆Vol... 2019/10/20

厚労省と医療界「声を上げれば変わる!」-久米隼人・厚労省改革若手チーム代表に聞く◆Vol.... 2019/10/20

開設7年目の診療所が東京で120床の病院開院の訳-安井佑・やまと診療所院長に聞く◆Vol.... 2019/10/13

産婦人科医の過労自殺、行政訴訟で労災認定◆Vol.3 2019/10/13

厚労省改革に向けた3つの方向性を提示-久米隼人・厚労省改革若手チーム代表に聞く◆Vol.2 2019/10/12

もう“拘牢省”とは言わせない!-久米隼人・厚労省改革若手チーム代表に聞く◆Vol.1 2019/10/4

「千葉の問題は日本の問題」、成功事例目指す-吉村健佑・千葉大次世代医療構想センター長に聞く... 2019/10/4

不適切入試問題、学生選考法を再考する契機-金沢医大学長・副学長に聞く◆Vol.3 2019/10/2

2020年度入試で「卒業生子女入試」新設-金沢医大学長・副学長に聞く◆Vol.2 2019/9/27

450人への“ヒアリングマラソン”実施-吉村健佑・千葉大次世代医療構想センター長に聞く◆V... 2019/9/27

2018年度入試で「同窓生子女に加点」の訳-金沢医大学長・副学長に聞く◆Vol.1 2019/9/19