m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>外科学会、医師法21条の改正を要望

外科学会、医師法21条の改正を要望

定期学術集会で説明、厚労省「急ピッチで検討を進める」

2013年4月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


4月12日の日本外科学会定期学術集会の特別企画「安心かつ確実な医療体制の確保―医師による医療事故調査制度と無過失補償制度の創設に向けて―」で、司会を務めた、同学会理事で医療安全管理委員会委員長の松原久裕氏(千葉大学先端応用外科教授)は、日本外科学会として医師法21条の改正要望を、厚生労働省に近く提出する予定であることを明らかにした。3月の理事会で了承を得たという。日本外科学会理事で医療安全管理委員会委員長の松原久裕氏(左)は、医師法21条について要望を出す予定であることを説明。この4月に厚労省医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。