m3.com トップ>医療維新>レポート|医療の質の向...>“事故調”の創設法案、今秋国会の提出目指す

“事故調”の創設法案、今秋国会の提出目指す

院内調査先行、遺族の第三者機関への依頼も可

2013年4月19日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「医療事故に係る調査の仕組み等のあり方に関する検討部会」(座長:山本和彦・一橋大学大学院法学研究科教授)の第12回会議が4月18日に開催され、会議後、厚労省医政局総務課長の吉岡てつを氏は、医療事故調査を行う第三者機関の創設を盛り込んだ医療法改正法案について、「今秋に臨時国会が開催されれば、提出したい」と語り、数回の会議を経て、今夏前に検討を終える方針を明らかにした(資料は、厚労省のホームページに掲載)。第三者機関への届出や院内調査の手順など、制度の詳細は、厚労省が今後、法律とは別にガ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事