m3.com トップ>医療維新>レポート|専門医の在り...>「医師不足」消える、専門医制度の最終報告

「医師不足」消える、専門医制度の最終報告

総合診療医の養成プログラムも具体的要件が削除

2013年4月23日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「専門医の在り方に関する検討会」の最終報告書が4月22日、公表された(資料は、厚労省のホームページに掲載)。専門医の認定などを行う中立的な第三者機関の設立と、総合診療医を基本領域の専門医に追加するという二つの柱には変更はないが、3月7日の同検討会の議論を受け、幾つかの点が変更、修正された(『新専門医制度、2017年度開始に向け報告書』を参照)。最大の変更点は、今回の専門医制度の見直しは、あくまで専門医の質向上を目指したものであり、医師の地域偏在解消が目的ではない点を明確にしたこと。報...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事