m3.com トップ>医療維新>レポート|医師臨床研修...>臨床研修病院、第三者評価求める声相次ぐ

臨床研修病院、第三者評価求める声相次ぐ

小児科・産婦人科・精神科の各学会、必修化を要望

2013年4月25日 橋本佳子(m3.com編集長)


医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・国立病院機構理事長)の2013年度の第1回会議が4月25日開催され、基幹型臨床研修病院の指定基準の一つである「必要な症例」と、指導・管理体制について議論した。「必要な症例」は、2010年度の見直しにより、「年間入院患者数3000人以上が原則」となったが、症例数という外形基準よりも、質で評価すべきという意見が相次ぎ、日本医療機能評価機構が実施しているような第三者評価を行うべきという提案も出た。桐野座長は議論を、「『3000人以上』という数字に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事