m3.com トップ>医療維新>行政・政治|産科医療補償...>原因分析報告書の作成2倍に、産科補償見直し中間案

原因分析報告書の作成2倍に、産科補償見直し中間案

日本医療機能評価機構が素案を提示

2013年5月17日 島田 昇(m3.com編集部)


日本医療機能評価機構は5月16日、産科医療補償制度運営委員会の第20回会議で「産科医療補償制度見直しにかかわる中間報告書」の素案を示した。児の脳性麻痺発症の原因を明らかにすることを目的とした「原因分析報告書」の作成を迅速化し、現状の2倍の件数を処理できる体制にすることなどが柱。委員からは一部文言の修正意見などがあったが、次回会議で中間報告書として取りまとめる見通しだ。素案は、「原因分析のあり方」「調整のあり方」「紛争防止・早期解決に向けた取り組み」「分娩機関に対する改善に向けた対応」「提出された...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。