m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|第4回日本プ...>「医療改革への危機感を」、原医政局長

「医療改革への危機感を」、原医政局長

地域包括ケアのキーパーソンは医師

2013年5月19日 橋本佳子(m3.com編集長)


5月18日、仙台市で開催された第4回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会の開会式で講演した、厚生労働省医政局長の原徳壽氏は、社会保障・税一体改革が節目とする2025年、さらには年間死亡数がピークに達する2040年を控え、「医療全体を変換していかないと、とてつもなく増加する疾病に対応できない。この認識、危機感をまず持ってほしい」と訴え、病院・病床の機能分化・強化、在宅医療の連携などの「医療提供体制」と、チーム医療の推進なども含む「人材確保」という二つの柱から、制度改革を進める重要性を強調した。厚生...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事