m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|第4回日本プ...>専門医の第三者機関、「高久氏と金澤氏が音頭を」

専門医の第三者機関、「高久氏と金澤氏が音頭を」

池田・日本専認構理事長、早期発足を促す

2013年5月20日 橋本佳子(m3.com編集長)


仙台市で開催された第4回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会の5月19日の特別シンポジウム2「どうする総合診療医の認定と育成」で、日本専門医制評価・認定機構理事長の池田康夫氏は、「高久先生や金澤先生に音頭を取っていただき、中立的な第三者機関の設立に向け、準備を進めるのがいいのではないか」との考えを示した。高久氏と金澤氏は、日本医学会の会長と副会長で、厚生労働省の「専門医の在り方に関する検討会」の座長と座長代理をそれぞれ務めた。同検討会が4月にまとめた報告書では、専門医の認定や研修プログラムの評価...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事