m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|第4回日本プ...>家庭医療専門医、研修プログラムを改訂

家庭医療専門医、研修プログラムを改訂

「総合診療専門医」の布石として注目

2013年5月21日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本プライマリ・ケア連合学会は5月17日の理事会で、「家庭医療専門医」の後期研修プログラムの改訂を承認した(以下、「Ver2.0プログラム」)。翌18日に仙台市で開催された、同学会の第4回学術大会で公表された。厚生労働省の「専門医の在り方に関する検討会」は、2017年度から総合診療医を基本領域の専門医の一つとして位置付ける報告書をまとめている(『「医師不足」消える、専門医制度の最終報告』を参照)。今後、専門医の認定等を行うために新設される第三者機関で、「総合診療専門医」の研修プログラムも検討され...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事