m3.com トップ>医療維新>レポート|医師臨床研修...>「医師の東京集中」、卒後3年目以降

「医師の東京集中」、卒後3年目以降

医師の地域偏在、臨床研修だけでは解消は無理

2013年5月24日 橋本佳子(m3.com編集長)


5月23日の厚生労働省の医道審議会医師分科会の医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・国立病院機構理事長)で、大学医学部の卒業生の4~5割は出身大学の都道府県に残る地域が多い一方、東京都に移動する医師数が増加するのは卒後3年目以降であるというデータが示された(資料は、厚労省のホームページに掲載。同資料の「4.若手医師の動向」を参照)。2004年度の臨床研修必修化により、「医師の地域偏在を招いた」とされる。しかし、6都府県では、研修医数が減少しているほか(2003年の51.3%から2012年に46.7...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事