m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|第4回日本プ...>東大、今秋から在宅医療の臨床実習を開始

東大、今秋から在宅医療の臨床実習を開始

「診察室を出よ、そして街をみよう」シンポ

2013年5月26日 橋本佳子(m3.com編集長)


第4回日本プライマリ・ケア連合学会学術集会の5月19日のシンポジウム「地域医療の現状と未来を考える―診察室を出よ、そして街をみよう―」で、東京大学高齢社会総合研究機構准教授の飯島勝矢氏は、在宅医療における「医育機関」の重要性を強調。教育・研究・臨床の各視点から在宅医療への取り組みを強化していくとし、その一環として、東大では今年11月から、「新クリニカルクラークシップ」(臨床実習)として地域医療実習を開始することを説明した。対象は、医学部5年生の後半から6年生の前半の学生。高齢社会総合研究機構が手...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事