m3.com トップ>医療維新>医師調査|医師「究極の...>「准看より特定看護師」が6割弱◆Vol.12

「准看より特定看護師」が6割弱◆Vol.12

『特定』の表現が差別的との声も

2013年5月30日 池田宏之(m3.com編集部)


特定看護師と准看護師。増えてほしいのは?医師「究極の選択」として、「どちらかと言えば増えてほしいのは、特定看護師と准看護師どちら」との質問を、m3.com医師会員に聞いた(調査概要は、『混合診療に否定的、9割弱に上る◆Vol.1』を参照)。全体では、「特定看護師」(現在、試行事業中の、特定能力を認証された看護師)との回答が59.7%、「准看護師」との回答は40.3%となり、特定看護師が20ポイント弱も上回る結果となった。勤務医だけを見ると、「特定看護師」との回答は71.0%となり、「特定看護師」...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事