m3.com トップ>医療維新>医師調査|医師「究極の...>「皆保険が崩壊したら海外へ」は3%◆Vol.16

「皆保険が崩壊したら海外へ」は3%◆Vol.16

「医師はいつ辞めても良い」ので残るという医師も

2013年6月5日 池田宏之(m3.com編集部)


もしTPPで、国民皆保険が崩壊した場合、海外と国内、どちらで働くか。医師「究極の選択」としてQ.10で、もしTPP(環太平洋経済連携協定)で、国民皆保険が崩壊した場合、海外と国内、どちらで働くかをm3.com医師会員に聞いた(調査概要は、『混合診療に否定的、9割弱に上る◆Vol.1』を参照)。全体を見ると、「米国等、日本以外の国で働く」としたのは、わずか3.0%、「日本に残る」とした会員が97.0%に上った。「日本以外」と回答したのは、勤務医で4.0%、開業医で2.0%となり、勤務医が若干多いも...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事