m3.com トップ>医療維新>レポート|産科医療補償...>産科補償対象、「大幅増の見通し」と機構

産科補償対象、「大幅増の見通し」と機構

PR奏功し問い合わせ増加、「中間報告書」も了承

2013年6月10日 橋本佳子(m3.com編集長)


産科医療補償制度の運営委員会(委員長:小林廉毅・東京大学大学院医学系研究科教授)の第21回会議が6月10日に開催され、同制度を運営する日本医療機能評価機構は、「補償対象件数が今後、大幅に増加する見通しである」との見解を示した。同機構によると、「補償申請に関する問い合わせ件数」は、2013年3月177件、4月165件、5月222件で、前年同月対比で約3.7倍の水準。「補償申請書類の請求件数」は、2013年3月36件、4月42件、5月65件で、前年同月対比で約2.3倍、制度が始まった2009年生まれ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。