m3.com トップ>医療維新>レポート|医療の質の向...>無過失補償制度の検討、いったん打ち切り

無過失補償制度の検討、いったん打ち切り

“事故調”の確立が先決、一部の委員を除き同意

2013年6月20日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「医療の質の向上に資する無過失補償制度等のあり方に関する検討会」(座長:里見進・東北大学総長)の第5回会議が6月20日に開催され、同検討会の下に設置された「医療事故に係る調査の仕組み等に関する検討部会」がまとめた「医療事故に係る調査の仕組み等に関する基本的なあり方」(『院内調査、「外部の医療者の支援」が原則』を参照)を了承するとともに、無過失補償制度の検討をいったん打ち切ることを決定した(資料は、厚労省のホームページを参照)。無過失補償制度を検討する材料として、医療事故等に関するデー...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事