m3.com トップ>医療維新>行政・政治|参議院議員選...>医師偏在解消を重視 自民参院選公約

医師偏在解消を重視 自民参院選公約

診療所機能強化も盛り込む 皆保険は「堅持」

2013年6月21日 池田宏之(m3.com編集部)


自民党は6月20日、7月の参院議員選挙の選挙公約を発表した。医療分野では、医療の経済成長への寄与に対する期待感を感じさせる内容となったほか、国民皆保険については、前回の同党の衆院選公約の「守る」という表現から、「堅持」という強めの表現に変わった。具体的な医療の課題としては、「医師の診療科目別・地域別の偏在の是正」「診療所の機能強化」に言及し、同党としての問題意識の強さが伺える。国民会議の議論を尊重する方針自民党の参院選公約は、基本的に昨年12月の衆院選の公約を継承した形で、キャッチフレーズとして...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事