m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療推...>「コメディカルの努力が報われない」◆Vol.52

「コメディカルの努力が報われない」◆Vol.52

厚労省、看護師以外の業務見直しに着手

2013年6月27日 島田 昇(m3.com編集部)


厚生労働省は6月26日、医師、看護師以外の医療関係職種の業務範囲の見直しなどについて検討する「チーム医療推進方策検討ワーキンググループ」(座長:山口徹・虎の門病院院長)の第11回会議を開催した。看護師による難易度の高い医療行為「特定行為」について、法制化の流れにメドが付けたことから、約1年ぶりに会議を再開(詳細は『看護師の業務拡大、研修制度を創設へ』を参照)。今秋の臨時国会に向けて、コメディカルの業務範囲の見直しで法整備が必要かどうかなどについて議論する。会議では、「コメディカルの努力が報われな...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事